自社の余剰資源を利用している会社は既に増えつつある状態

クラウドサービスを運営する会社は今後更に増えていくとの予想

ドイツではマーケットプレイス戦略ドイツテレコム(DT)の研究部門から独立したチモリは、2009年一月、ネットワークを通じてコンピューターリソースの売り買いが可能となるeマーケットプレイス「チモリ・パブリック・クラウド」サービスを開設すると発表した。グーグルやアマゾンが自社の余剰資源を第三者のユーザーに利用させることで成功したのをヒントに、今後多くの事業者が自社の余剰資源を利用したクラウドコンピューティングサービスに参入してくることも予想される。

自力でユーザーを集めるには限界がある。そこに交換市場(マーケットプレイス)があれば、ビジネスは効率的になる。チモリの提唱する「クラウド・マーケットプレイス」は「情報資源の交換」を通じて、クラウド市場を活性化させるサポートビジネスに発展するかもしれない。ところで、一昔前のことだが、ム(空き時間)を第三者に提供するネットワークにつながった多数のパソコンがアイドルタイ「グリッドコンピューティング」がブームになったことがあった。

そのアイデアの一つに、企業や学校、家庭などの余剰コンピューティングリソースをグリッド提供事業者に貸し出し、それで収入を得るというものがあった。クラウドコンピューティングの一つの形態は、安価なパソコンを多数、並列に利用し、全体として大量のデータ保管や処理をするというものである。「チモリ」の様なクラウド・マーケットプレイスが立ち上がれば、企業や家庭の小規模なコンピュータークラウドをチモリ経由でグーグルやアマゾンといった大規模クラウド事業者に提供するといったモデルも生まれるかもしれない。
会社内でのコミュニケーション、暗黙知の顕在化は必須課題です。頻繁な会議も良いですが、グループウェアの導入はそんな問題を解決する上に時間短縮もなされるので便利です。
会社だけではなく、市場における傾向などのデータも分析会社では読み取ってくれます。そのデータ分析方法は数多あり、きっと最適な方法で分析してくれることと思います。
これまで社内で評価をする際は、すべてエクセルで管理をしていましたが集計にも時間がかかっていたので、より精度の高い人事評価システムを導入することにしました。
業界最安値ということで、インターネットで調べた電話秘書代行の秘書サービスに申し込むことを決めました。初期費用が0円というところが魅力です。


インドは、英語圏であって、かつ、米国や欧州とは昼夜がずれていて一方が勤務時間帯のときには他の国がオフの時間帯、というように勤務時間帯が補完関係にある。夜間、米国の業務を終えて帰宅し、翌朝、ネットワークにアクセスすると、仕事が完成してデータベースに仕舞われている。

インドが眠らずに仕上げてくれているのである。「ゼロ」を発見した国でITの基礎になる論理的思考に優れ、上層階級の知的レベルは抜群に高い。その上に賃金が大幅に安いと来ているのである。時間帯だけでなく、米国内で行われてきた業務がしだいにインドに移管され、業務体系の上でも早くから米国やイギリスの補完的な地位を確立してきた。電話の応答や電話に夜セール営業などのコールセンターが米国内の業務を代替し始めた。

新着情報
2013/09/17 注目記事を更新しました。
2013/09/13 新着記事を更新しました。
2013/09/12 無制限の帯域幅を更新しました。
2013/09/09 米国経済の影響を更新しました。
2013/09/07 付加価値を提供を更新しました。
2013/09/05 単純なITスキルを更新しました。
2013/09/04 クラウドサービスを運営する会社は今後更に増えていくとの予想を更新しました。
2013/09/01 ホームページをリニューアルしました。

今得サイト
グループウェア LacoodaiQubeグループウェア ProWeb Rabbit
グループウェア「アイボプラス」のメーカーサイトです。携帯電話、i-Phone、スマートフォン対応。SaaS形式グループウェア「iQube」のメーカーサイト。1か月無料体験あり簡単操作で様々な機能の備わったグループウェアならグループウェア ProWeb Rabbitに決まりです。